見出し:建築技術革新新支援事業

建築技術革新支援事業の募集概要

建築技術革新支援事業の募集概要

 

1 応募の流れと手続

  • (1)応募者には、各対象案件の公募要領に定める応募申請書、新技術概要書、施工実績内訳書等からなる「応募資料」を提出していただきます。
  • (2)提出された「応募資料」に記載された内容について、学識経験者等で構成される技術審査委員会で審査を行い、性能基準、機能性、先進性、経済性及び施工性で優れた新技術を原則一つ選定します。
  • (3)選定、非選定の結果は「審査結果通知書」により応募者に通知し、選定された新技術の内容については、応募者と協議の上その概要をホームページで公表します。
    また、選定された新技術は、原則として対象施設での設計・工事に採用します。
  • (4)工事完了後、採用した新技術について、効果の検証及び評価を行った上で、有効性が認められたものについては、基準類へ反映し、都有施設への普及を図ります。
  • (5)新技術の公募は今後も継続的に実施することとし、新築・改築工事等の設計業務を開始する施設の中から対象施設を抽出していきます。

※本事業における新技術の位置づけ

  • ・技術登録を目的としたものではありません。
  • ・特定の施設の特性に応じて必要性の高い新技術を公募します。
  • ・新技術に選定されても、更なる技術革新等により優位性などが失われた場合には、対象施設での設計・工事に採用しないことがあります。

 

(事業フロー図)

画像:事業フロー図

 

2 平成28年度に募集する新技術について

  • (1)都立永山高等学校改築工事における屋上防水に関する技術
    施設の長寿命化を図るため、優れた耐久性能を有するとともに、建物の省エネルギー化にも寄与する屋上防水(外断熱仕様)に関する技術
  • (2)東京都多摩障害者スポーツセンター改修工事における天井に関する技術
    屋内プールにおける改修工事で設置する天井について、関連法令に適合しつつ、安全かつ必要な機能を継続的に確保するのに適した技術
  • (3)東京都公文書館改築工事における太陽電池モジュール(発電電力量)に関する技術
    反射光や安全性等都市部の事情に十分配慮しつつ、年間を通じ優れた発電電力量を確保できる太陽光発電システムを設置していくための太陽電池モジュール(発電電力量)に関する技術

 

3 参加資格要件

応募する新技術を自ら開発し、かつ、それを基にした事業を実施する上で必要な権利及び能力を有する個人又は民間企業を対象にします。なお、開発した新技術の性能を確保するために必要不可欠な技術を保有する者と共同で参加することができます。

その他の要件については、各対象案件の公募要領に定める「公募参加資格要件」を確認してください。

 

4 平成28年度スケジュール

スケジュールについては、以下のとおりです。

  • (1)公募期間
    平成28年8月26日から平成28年10月7日まで
  • (2)選定結果の公表
    平成28年12月下旬(予定)

 

4 公募要領等のダウンロード

◎公募要領については、こちら
◎事業概要書については、こちら
◎技術条件書については、こちら
◎平成28年度の事業に関する審査基準については、こちら
◎書類様式集(申請書等)については、こちら

 

お問い合わせ先

財務局建築保全部技術管理課建築技術担当 代表 03-5388-2834